2019年01月02日

パワースポット写真で新年のごあいさつ

b190101.jpg

あけましておめでとうございます   本年も宜しくお願い申し上げます。
パワースポットの写真を張りつけておくと運気があがる!?と云われますので、皆様(そして私にも)幸多き一年となりますよう願いをこめて、関東最強といわれる鹿島・香取神宮の記事で始めます。と言いましても、お参りしたのは昨年中のこと。(人混みが苦手なものでお許しください)
平安時代より伊勢神宮とともに、鹿島神宮・香取神宮のみが神宮を名乗っっていたという由緒正しき神社。行く前にひと通り調べましたが、つまりは、信仰・支配・地球のエネルギー、いづれにしても日本列島全体を考えたとき、この場所に大きな拠点を置く必要があったという事でしょう。

b190102.jpgまず訪れたのは鹿島神宮。
ゆるい坂道の立派な参道を歩いていくと、ド〜ンと大鳥居。
格式高い雰囲気で迎えられます。
サッカーの鹿島アントラーズの本拠地なので横断幕が張られていました。
正直、写真撮影にはちょっと邪魔です、、ょ。

b190103.jpg境内は広く、森です。
ここを歩くだけで「空気が違うのがわかる」とかいいますので、今か今かと歩きましたが、私には印西の森と同じふつうに気持ちのいい空間でした。
境内は静かで、本殿もしっとりとした落着きある建造物です。
参道の正面ではなく右側にあるので、初参詣の私は通り過ぎてしまったくらいです。
そしてお参りを済ませて境内をすすむと鹿園があったり、国歌に唄われるさざれ石があったり、見どころは色々あるのですが、なかでも最強のパワースポットが奥の方にある「要石(かなめいし)」なのだそうです。地震を起こすナマズの頭を地中深くおさえているという。このナマズの尻尾をおさえているのが、この後行く香取神宮の要石なのだそう。ここにたどり着くまで何も感じなかった私ですが、この石の前でだけ森の中をサーっと通るさわやかな風を感じました。ということで今年のトップ画像はこの”要石”です。

b190104.jpgそして水郷の間の道を行き、利根川を渡れず大回りしてようやく着いた香取神宮。
ここは小学生の頃参詣したことがありますが、ほぼ記憶には残っておりません。
鳥居をくぐり、寄進された多くの巨大な灯籠に圧倒されながらここも坂道を上ります。

b190105.jpg朱塗りがきれいな楼門。
ここには「天皇陛下御即位三十年」の文字。
平成が終わるなぁとしみじみとした気持ちになりました。
写真には写っていませんがこの上部には東郷平八郎の書もあったりします。



b190106.jpg楼門をくぐると黒塗りの拝殿が現れました。
屋根の反り、黒に映える鮮やかな塗りが美しいです。
わぁ!と声が出てしまうほど素敵でした。
香取神宮は鹿島神宮ほど広くはありませんが、地形をうまく利用してドラマチックにきれいにまとめられた境内です。


忘れてはならない「要石」。こちらも何でここ?という森の中にありました。なんとか巨大地震をおさえて頂けるよう、切に願いながらお参りしてきました。平穏な一年でありますように。
b190107.jpg



アンティーク関連のブログへは↓↓↓

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
  

“1クリックして頂くのみで、ランキングがUPします。”
ご支援を、よろしくお願い致しします゜・*:.。. .。.・゜
posted by ブラーナ at 11:36 | 散歩道(周辺情報) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする