2014年09月26日

大切にしたいアンティーク

b140926.jpg

実はわたくし、この夏より「金継ぎ」を習得すべく、とある工房へ通っております。
金継ぎとは、漆を使って器を修復する日本の技術です。
金や銀で仕上げることにより生まれる新たな景色をも愛でる、日本らしい美意識とともに伝えられています。

アンティーク屋なので、器の割れや欠けは避けられません。
チェコには、欠けには目をつぶってでも手に入れたいと思う可愛いものがたくさんあり、また気に入って買付けて気を使って送っても、残念なことに割れてしまうものもあります。

そんな器も何とかしたい!と、ずーっと考えており、一念発起したわけです。
塗っては削り、塗っては削り、地味〜なチマチマした作業を黙々と続け、間あいだで乾かす期間が必要なため、仕上がるのに時間がかかります。

はれて第一号が仕上がりました!!
自分で見ても笑ってしまうようなお粗末な出来ですが、チェコのお皿がよみがえりました\^o^/

チェコからの荷が届き、
自分で包んだ梱包をほどく時、ガサッという嫌な音と手触り・・・、深いため息が出てしまう瞬間です。

割れる率をだいぶ減りました。
それでも残念なことはあるものです。
お皿は、かなりリスクが高いです。
とくに、こんな風に少ーし縁が立ち上がったもの。
素敵なんですけど。。。
こちらは、もともと自分用にしてもいいと思っていたものなので、金継ぎの練習と使用感の実験として、使ってみます。

b140925.jpg
今年もアケビを頂きました♪
小さ目ですが甘かったです。

食べたあとの種をまきに行ったら、
去年埋めたところから、たくさんの小さな芽が出ていました♪

そんなにアケビばかりはいらないのですが、順調に育つとは限らないので、
とりあえず今年もうめてみました。
b140928.jpg最後に、
初!漆かぶれ

工房では大げさにガードしているのですが、やり残しを家で作業したら、やってしまいました。
磨くだけだからと油断したら、あらあらあら--;

記念すべき一日ということで。



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜〜・〜〜・〜・〜・〜

アンティーク関連のブログへは↓↓↓

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ 

“1クリックして頂くのみで、ランキングがUPします。”
ご支援を、よろしくお願い致しします゜・*:.。. .。.・゜



posted by ブラーナ at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 金継ぎ・修繕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月23日

秋の野草をリキュールグラスに

b140923.jpg

あまりに良いお天気なので、回り道をして軽くお散歩。
あちこちで彼岸花が咲いているので、ちょっとした名所になろうとしている?!結縁寺へ。

b140922.jpgここは、ブラーナの下の谷津田のちょっと先にある。
『結縁寺』 地元の人の発音は「ケチェンジ」と、
外国語のように聞こえます^^

奈良時代に開かれたと云われ、国の指定文化財になっている不動明王が安置されているそうです。
普段は固く扉が閉ざされ、一切その姿を見ることはできません。

数年前より周辺が整備され、彼岸花が少しづつ増えています。

今日は少し遅かったようで、彼岸花も終わりのころ。
やや色あせていましたが、それでもカメラを構える方が何人もいらっしゃいました。
のどかな休日を実感!♪
池のスイレンも増えて、白い花を咲かせていました。


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜〜・〜〜・〜・〜・〜

アンティーク関連のブログへは↓↓↓

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ 

“1クリックして頂くのみで、ランキングがUPします。”
ご支援を、よろしくお願い致しします゜・*:.。. .。.・゜



posted by ブラーナ at 19:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩道(周辺情報) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

祖母のお針箱より

b140903.jpg
祖母の針箱をもらった。
針箱自体は、さほど古くもない。
木製でコンパクトなので使いやすそうと思い、受け継いだ。
私はいつも縫い物をするほどでもないので、しばらく放置していました。

あらためて中を見てみると!
ひぇ〜とばかり、宝箱のごとき。
「おばあちゃん、いつのよ〜」

若いころは、子供のワンピースを縫ったり、セーターを編んだりしたこともあったらしいが、とくにお裁縫をしていたわけではない。
おしゃれをして銀座に行くのが大好きだった祖母。
これらは、着物の衿をつけるためのものだろう。

木製!の糸巻。
幼い頃に記憶はある。母の針箱に1つだけあり、これは捨ててはならないと当時から思っていた。
なつかしい。

針の包みなんて、アールヌーボーか大正ロマンかというデザイン。
針と文具と薬品は、長らく旧デザインが使われ続けられているものが多くありましたが、昨今、少なくなってきましたよね。
針はもう錆さび状態ですが、この包みはたまらないです。

針箱は結局、母が愛用していますが、これは私がもらいます。
そして商品画像の小道具になりました。→チェコのアンティーク


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜〜・〜〜・〜・〜・〜

アンティーク関連のブログへは↓↓↓

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ 

“1クリックして頂くのみで、ランキングがUPします。”
ご支援を、よろしくお願い致しします゜・*:.。. .。.・゜



posted by ブラーナ at 10:00 | TrackBack(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月02日

スイカを盛ったお皿

b140826.jpg
秋の気配とともに梨の季節ですが、だいぶ前にせっかく撮りましたので「スイカ」ネタです。
私は大のスイカ好き。夏の朝には、できれば毎日スイカを頂きたい。

そんな私に、家庭菜園でとれたスイカを下さったご近所さん。
「ブログの撮影用」を理由に独り占めしたら、もう一ついただいてしまいました。
ありがたや。
b140829.jpgこの方の作るお野菜は、本当に美味しい。
土作りにとびきりの秘策があるらしく、収穫されたものは買った方が安いくらいだそうです。

私も花の苗と一緒に、つい野菜の苗を買ってしまうのですが、片手間に植えたところで野菜はいっこうに育ちません。
ものの見事に育たないのです。

分かっているのに今年もオクラを植えました。
花がきれいだし、少しづつ食べれるし・・なんて考えで。
案の定、固ーいスジばったオクラが1本採れました。。

b140828.jpg話しは戻り、
頂いたのは小玉スイカ。

白いところが薄いです。
スイカ好きとしては、白いところが美味しさのバロメーター。
あまりに美味しいので、大根のように皮をむいて食べました。
b140827.jpgとはいえ、一応、チェコのお皿に盛ったりして。
b140830.jpg花火の夜に食べました。


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜〜・〜〜・〜・〜・〜

アンティーク関連のブログへは↓↓↓

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ 

“1クリックして頂くのみで、ランキングがUPします。”
ご支援を、よろしくお願い致しします゜・*:.。. .。.・゜



posted by ブラーナ at 19:01 | TrackBack(0) | ボヘミア・アンティーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする