2014年12月20日

遅いランチはみずいろラインで

みずいろラインのティーカップ


「みずいろ」が好き


一つ、一つ、と買い足していっても、なんとなく似たようなものが集まっていく。
自分の好きなテイストというものが、やはりあるのだろう。 

そういえば、チェコを知らなかった20代のパリ旅行。
いかにもな感じのものが欲しいと、
「フレンチカジュアル」な食器店で買ったのは、
真っ白な地に、ブルーのふちどりが効いたものでした。


チェコ・ヴィンテージも、“縁取り”は得意。
チェコの野原に咲くポピーのような、朱色が多く使われる。

たまに水色を見つけると、買わずにはいられない。
<水色+可愛さ>なところが、たまらなく魅かれてしまう。

みずいろラインのティーカップ


遅くなったお昼ごはん。

ランチ兼ティータイム。

幼い頃はパン屋さんへ行くと、チョココロネを買ってもらっていた。
なぜか、これだけは要望が通った。


天然酵母をつかった、こだわりのパン屋さんへ。

私のような大人が多いのだろうか?
粉砂糖でお化粧し、ちょっとビターな、「大人のチョココロネ」。

もう一つは、ナッツやドライフルーツのソースをはさんだ固めのパン。

毎朝、紅茶にパンを浸して食べていた祖父を思い出す。

みずいろラインのティーカップ


さぁ、紅茶を淹れましょう。


ひとり分を用意するとき、気に入った器でセッティングすると、気分があがるもの。

ときには、適当に済ませず、あえてこんな時間を作ってみる。

“アフターヌーンティー”

たくさんの時は、リーフティーをポットで淹れますが、
ひとり分は、好きな紅茶のティーバック。

矛盾している気もしますが、
私は、ティーバックこそ美味しいものを用意したいと思っている。
簡易に淹れるのに、もとの葉がいまいちだと、さらにいまひとつな味にしかならない。
リラックスするという目的を果たしてくれる、好みの紅茶を選びたい。

みずいろラインのティーカップ


濃い目が好きなので、

真っ白い磁器より、こんな少しアイボリーがかった器が、ぴったりくる。


器は、使う人が楽しいのがいいと思う。


カップなら、内側に絵付けが欲しい。

とくにティーカップは口が広がっているので、飲む人はほとんど内側しか見えませんから。

続きは「ボヘミア・アンティークショップ ブラーナ」のサイト上、
コラムコーナーへ→


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜〜・〜〜・〜・〜・〜

アンティーク関連のブログへは↓↓↓

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ 

“1クリックして頂くのみで、ランキングがUPします。”
ご支援を、よろしくお願い致しします゜・*:.。. .。.・゜



posted by ブラーナ at 19:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ボヘミア・アンティーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月06日

千葉ニュータウンでできる優雅なランチ

b20141201.jpg

千葉ニュータウン中央駅近くの結婚式場「アンソレイエ」
先日初めて、ここのランチをいただいて来ました。

辺りに何もない頃、ポツンとできた結婚式場でした。
ヨーロッパ郊外の邸宅で挙げる結婚式みたいで素敵なのでしょう〜と思っていたら、いつの間にか商業施設やマンション、住宅の一角になってしまいました。
植込みが密で、外からは中の様子をうかがい知ることはできません。
今回、ランチの予約をしてもらったので、初潜入!? カメラ持参で行ってきました。

わんさと茂ったローズマリーの香りが漂う入口を入ると、ガゼホと教会。
あいにくの小雨模様。
あちこちに立派に育ったバラが植えられていました。
春に訪れたい。

b20141202.jpg
外から見えないのと同じく、
中からも外を通る車も気になりません。
特に雨だからかもしれませんが、別世界が広がっていました。

建物の入り口も、仰々しくなく、どこかの邸宅に招かれたようです。

b20141203.jpg少し早く着いたので、
ロビーのふかふかのソファで待ちました。
結婚式場なので、広々していて、良いです♪




b20141204.jpg
ランチも、バンケットルームに通されます。

かわいいお皿。
よく見ると、ここ「アンソレイエ」が描かれていました。

お食事の前に、きっと下げられてしまうに違いないと思い、急いで撮影。
案の定、レース状に焼かれたかわいいお皿とは、じきにお別れでした。

赤ワインを少々いただき、いいランチタイムだな〜と思って周りを見ると、だれも飲んでいないかな!?
まあ、いいかと楽しみました。

b20141205.jpg
前菜は、サーモンを使ったもの。

メイン〜デザートまで写真を撮るつもりでしたのに、気づいた時はコーヒーを飲んでおりました。

でも、この前菜が私は一番美味しかったと思います♪


ちなみに、こちら平常はウェディングの会場です。時折、開放される知る人ぞ知る?レストランです。


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜〜・〜〜・〜・〜・〜

アンティーク関連のブログへは↓↓↓

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ 

“1クリックして頂くのみで、ランキングがUPします。”
ご支援を、よろしくお願い致しします゜・*:.。. .。.・゜



続きを読む
posted by ブラーナ at 19:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩道(周辺情報) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする