2015年10月03日

秋の実りとチェコヴィンテージ

b151003.jpg

毎年いただく「アケビ」と「柿」。
このアケビはいつも美味しい。そして今年はとくに甘い!

アケビは中身を出すと、ちょっと見た目がグロテスクなのですが、せっかくなのでチェコのヴィンテージに盛ってみました。
小さなガラスのティーカップ。
ちいさくても、たくさん模様が彫られているところがボヘミアングラスの良いところ。
カップなしで買い付けてきた磁器のソーサーに、ピッタリちょこんと載りました。
秋らしい、黄金色なり。

b151004.jpg柿は、
「まだちょっと早いけど、飾るのによいかと〜」と、枝ごと切ってきて下さいました。

実は少し前のことで、
今は、木を見上げるといい感じに色づいてきています。

b151005.jpgそしてアケビの皮は、
ワイルドに半割りのまま炒めました。

中身の甘いアケビは、皮も苦味が少なく、おいしいのです。

料理が美しくありませんが、言い訳すると、これは中国茶の葉を一緒に炒めているからです。
台湾で茶葉料理というのを食べてきてからというもの、中国茶を飲んだ後は、葉も利用するようにしています。
出がらしでも、最後に入れるとほのかに香ります。


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜〜・〜〜・〜・〜・〜

アンティーク関連のブログへは↓↓↓

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ 

“1クリックして頂くのみで、ランキングがUPします。”
ご支援を、よろしくお願い致しします゜・*:.。. .。.・゜



posted by ブラーナ at 17:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ボヘミア・アンティーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする