2015年09月13日

「ヤツガシラ」という鳥

b150906.jpg

20年ちかく前のチェコの切手です。
当時は、日本へのハガキが4コルナで出せました。
現在は25コルナとなっていますので、6倍以上!!
驚異の物価上昇率です。
いろいろな窓口で、何気なく買いに行くと、「は??」と呆然としてしまうほど値段が違うことがあるのです。
給与も上がっているとはいえ、市民はさぞや大変なことでしょう。

話は本題にもどり、
今回はこの切手に描かれている鳥の事。
"Dudek chocholaty" 日本語では「ヤツガシラ」というそうです。
ヨーロッパ、アフリカからアジアまで分布しており、北で繁殖し、寒くなると南へ渡る。
日本へ渡ってくることもあるそうです。
羽は黒白の太ストライプ、頭に冠のような飾り羽があります。
色は地味ですが、なかなか派手なスタイルの鳥です。
ヤツガシラの鳴き声 (ポポポー)

ヨーロッパでは、繁殖のためにアフリカから渡って来るそうで、 検索をアルファベットに変えると、途端にエサをくわえた親鳥の画像がたくさん出てきます。
以前は身近に多く見られた鳥らしいのですが、今では絶滅が危ぶまれているとのこと。
NHK地球ドラマチック
森よりも、開けたところで虫などをエサとして生息しているので、わりと人と共存してきた鳥のようです。
チェコ人にとっても身近な鳥らしく、上の画像のように、切手や挿絵など、その特徴的な姿を目にすることがあります。

近年、人の暮らし方が変わり、生息が困難になってきた事が絶滅の危機の要因にあげられています。農薬を減らし、鳥に害虫を食べてもらう昔ながらの農業に戻していくことが、ヤツガシラを守ることになるようです。
日本の、トキやコウノトリと同じですね。

b150907.jpg 母の友人から、手作りマドレーヌをいただきました。
マドレーヌが包まれていたのが、この紙。
ヤツガシラではありませんか♪!

少しひょうきんな顔が、愉快で可愛いですね。


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜〜・〜〜・〜・〜・〜

アンティーク関連のブログへは↓↓↓

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ 

“1クリックして頂くのみで、ランキングがUPします。”
ご支援を、よろしくお願い致しします゜・*:.。. .。.・゜



タグ:ヤツガシラ
posted by ブラーナ at 16:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | チェコのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

チェコ人はウェハースがお好き

チェコのお菓子売り場には、ウェハースがたくさん並んでいます。

小さな子供達も、手にウェハースを握らされていたり。

今はスーパーにも沢山の品が並ぶようになりましたが、少し前までは、ウェハースばかりだったような。ビスケットやチョコレートもありますが、美味しそうなのは、ちょっと高いドイツやベルギーの輸入もの。

なぜ、そんなにウェハースが好きなのか?
しっかりした食事を摂り、ケーキもとっても甘いのに、サクサクのウェハースだけ軽い感じです。

ともあれ、伝統的なお菓子のようです。

b140126.jpgウェハースには、
いろいろな味のクリームが挟まれています。

バニラ、ミルク、トチノミ、アーモンド、ピーナッツ、カカオ・・・。

何を隠そう、わたくし、大のウェハース好き♪

チェコ滞在中も、一度は買って食べるのですが、それはいつも同じ物。

そのほかは日本で売っている輸入ウェハースのように、かなり「甘い」と思っていたのです。

 b140128.jpgでも、こんなに沢山あるのだから、味くらべをしてみようという気になりました。

ずら〜っと並んだウェハース売り場で、各メーカーからいくつかをピックアップ。

チェコでは多い「トチノミ」味。

つまりマロニエの実ですが、この木は街路樹や公園でもチェコのあちこちで見る樹ですから、チェコ人には身近な味なのでしょう。

 b140125.jpgさてさて、味は‐‐‐、

思っていたほど甘くなく、素朴な麦の味もして、以外にも美味しかったのです。

まぁ、クリームの味によっては、後に残る香りが慣れない感じのものもありますが、きつい香りではありません。

帰りの荷物にはウェハースが定番になりそうです。



ちなみに・・・、
左上のKOLONADAというもの、有名な温泉地のいわゆる「鉱泉せんべい」にあたるものだと思います。

この温泉地では、多くの人が行列をつくって焼きたてを買っていました。
やっぱり好きなんでしょうね。

これはスーパーで買ったものですが、きちんと箱に入って安心と思っていました。

が、開けてビックリ!
かるく接着された箱をあけると、銀紙と白い紙に包まれた丸いウェハースが、
そのまま入っていました。
恐るべし、乾燥した国。

日本なら瞬時に湿気てしまうことでしょう。

 



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜〜・〜〜・〜・〜・〜

アンティーク関連のブログへは↓↓↓

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ  

“1クリックして頂くのみで、ランキングがUPします。”
ご支援を、よろしくお願い致しします゜・*:.。. .。.・゜

posted by ブラーナ at 19:48 | TrackBack(0) | チェコのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月18日

ガラス絵と江戸風鈴

B1130817

チェコには、板ガラスに裏から描く絵があります。

ブラーナでは、「ガラス絵」と呼んでいます。

19世紀のころ、巡礼や催しのお土産品として、ガラス職人が副業で作っていたそうです。

その場合は額絵が多かったかもしれませんが、聖堂やイコン、また家々の装飾にも使われたようです。

チェコ人の知人がアンティークショップで求めたという振り子時計は、ふたのガラス部分がガラス絵になっていました。

何年も前になりますが、TV番組「世界ウルルン滞在記」で、若手俳優がポーランドの山間部の家庭を訪れ、このガラス絵を習っていました。

チェコ〜ポーランドは山に国境があるので、山のこちらと向こう側という位置関係で、つまり、その辺り一帯の山間部で描かれていたのでしょう。

通常、くっきりとしたメルヘンチックな印象のものが多いです。

上の写真は、ガラス絵を復興された元美術教師の方の作品で、芸術的な仕上がりになっていますので、一般的なものとは雰囲気が異なります。
(実店舗“コウゼルナー・ブラーナ”にてご覧頂けます)


B130818
このガラス絵をご説明するにあたり、
「普通の絵とは、描き順が逆なんですよ」とお話します。

私のつたない説明ではイマイチなので、
写真つきで説明書きを作ってみたりしたわけなのです。

この普通ではないテクニックを、きちんとお伝えできているか、いつも少々不安に感じていました。



前述の俳優さんも、“後から描き足すことができない”ということで、頭を悩ませながらチャレンジしていましたし。


という前置きで、

今日、いま頃?ですが、風鈴を出しました。

昨年は、すっかり忘れたまま、夏が終わってしまいました。

B130815
江戸風鈴です。


あっ!! これは「ガラス絵」ではありませんか!

こんな身近に、同様の具体例があったとは、
不覚でした。。。



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜〜・〜〜・〜・〜・〜

アンティーク関連のブログへは↓↓↓

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

“1クリックして頂くのみで、ランキングがUPします。”
ご支援を、よろしくお願い致しします゜・*:.。. .。.・゜

posted by ブラーナ at 17:23 | TrackBack(0) | チェコのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月14日

チェコ土産

B130714

初めてのチェコ滞在の終盤、ガラスのマドラーを買おう!と思いたち、プラハの街中のお土産屋さんをまわりました。

すでに3ヶ月、毎日のように歩き廻ったプラハの街、パサージュから路地の裏まで知り尽くしておりました。

パサージュとは、建物内の通路です。
碁盤の目になった一般の道路を、ぐるっと回って向こう側へ出たい時、途中にあるパサージュを通り抜ければ、ずいぶん近道になるのです。

今でいう、ショッピングモールの中を通っていくようなものなので、それ自体はめずらしい感じもしないのですが、ヨーロッパの都市は大きな建物が連なっているので、途中で向こうに出られるというのは、とても便利なわけです。

パッサージュの両脇は、お店や事務所が並んでいるのですが、それらが開いていない時でも、通路は通ることができます。
いくつものパサージュを駆使して目的地にたどり着くことが出来れば、プラハ通です♪

話は戻り、マドラー探し。
なぜマドラーを買おうと思ったのか?忘れてしまいましたが、ガラス棒の先にガラス細工がついた姿が、小さい物好きの私には一石二鳥だったのかもしれません。

プラハには、ガラス細工を売るお土産さんがたくさんあります。
ガラスのマドラーはあちこちにあるのですが、動物の細工がついたものがほとんどでした。
当時はまだまだ、ものの種類が豊富ではなく、同じものがあちこちで売られていることが多かったのです。

(ここでパサージュが登場)
一軒だけ、キャンディーのマドラーを売っていました。
お土産屋さんの連なるメインストリートから、階段を数段上がって入るパサージュの入り口にあったお店でした。もっと観光客の少ない通りのお店なら安かろうと探したのですが、街中見て、ここだけにしか無かったんです。
購入すると、なんとも素朴な、グレーの粗い紙箱に入っていましたっけ^^

ここのパサージュを知っていたからね♪と、見つけた自分に満足していたのでした。



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜〜・〜〜・〜・〜・〜

アンティーク関連のブログへは↓↓↓

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

“1クリックして頂くのみで、ランキングがUPします。”
ご支援を、よろしくお願い致しします゜・*:.。. .。.・゜

posted by ブラーナ at 17:09 | TrackBack(0) | チェコのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月02日

ミュシャ展

B130401

六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで開催されているミュシャ展へ行ってきました。

ミュシャはパリで活躍しているため、フランス語読みの「ミュシャ」という呼び方が知られていますが、チェコ人である彼の名前は「ムハ」です。

有名になる前の家族を描いた肖像画から、一世を風靡したフランス女優サラ・ベルナールのポスター、そしてビールや自転車などの広告ポスターやお菓子・石鹸の箱のデザインなど。さらには晩年、チェコに帰ってからの活動や、大作「プラハ叙事詩」の映像まで。
ムハの生涯を綴るような展覧会となっていました。

彼の生きた時代は、まさにチェコの激動の時代です。
オーストリアの帝政時代、チェコスロバキアとしての独立、ナチスドイツの進軍・・・。

B130402 ムハの愛国心にあふれる芸術は、ナチスの標的となり捕らえられ、釈放後まもなく亡くなってしまいました。チェコの歴史を紐解くと、こんな悲劇がたくさん出てきます。

こんな思いをしても、戦いを避け、そして後には革命を成し遂げたチェコ人は、本当に辛抱強い民族だと感心します。

B130403重い話から、がらりと変わりますが、

52階からの眺めです。

青山墓地の桜を、天空よりお花見できました。

B130404都心の桜は、もう散っているかと思いましたが、今年は良く持ちましたね。

ハラハラと花びらが散って、良い具合に、きれいでした。

B130405 銀座へ寄ったら、

そうでしたね、

新しい歌舞伎が、いよいよ幕を上げるそうで。

あと1日!なんて、偶然にしてはグットタイミング?!なシャッターチャンスでしょう。

B130406 B130407



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜〜・〜〜・〜・〜・〜

アンティーク関連のブログへは↓↓↓

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

“1クリックして頂くのみで、ランキングがUPします。”
ご支援を、よろしくお願い致しします゜・*:.。. .。.・゜

posted by ブラーナ at 21:58 | TrackBack(0) | チェコのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。