2015年09月05日

グラスの金繕い

b150904.jpg

金継ぎ、金繕いとは、「漆」を使って器の修繕をする方法です。
金継ぎを習い始めて、早一年。
「むずかしいです!」と言われていたガラスに、いよいよ取り組みました。

何が難しいのか、やってみて解りました。

まず、「漆」と「ガラス」の素材の相性があまりよくない
もともとガラスとは、“他に侵されにくい”という優れた特性があります。
福島第一原発で、汚染水を広げないよう土にガラスを注入していた通り。
逆にいえば、他となじみにくいということになります。

実際やっていると、金継ぎが陶器の修復にあっているということが、その作業のしやすさからもわかります。
 そんなガラスに異素材で欠けを埋めよう!というのですから。
でもそこは、「うるし」の方も優れた素材のようで、どうにか収まってくれました。

次なる問題は、「ガラス」は透け透けだという事
表ばかりか、裏側、そしてガラスの厚み部分さえも斜めから見えてしまいます。

これは結構な難題です。
ごまかしはすべて、明らかになってしまいます。

b150905.jpg

そして、あとは透明なことが美しいガラスに、不透明な漆で、どこまで継ぎ接ぎをするか。
このグラスは口元の欠けが多かったので、ん〜?!という仕上がり。
でも、そのままでは決して!使えなかったものが、こうして使えるようになったのですから素晴らしい技術です。

郊外の、あの隠し扉のある不思議なお店で仕入れたグラス。

金魚鉢のような形に、麦の穂が揺れる削り模様。
きれいなもう一つが欲しいがために、2つセットのこちらも買ってきたのです。


※隠し扉の店については、またいつか。
「ハリーポッター!!?」と、目がまんまるになりました。。



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜〜・〜〜・〜・〜・〜

アンティーク関連のブログへは↓↓↓

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ 

“1クリックして頂くのみで、ランキングがUPします。”
ご支援を、よろしくお願い致しします゜・*:.。. .。.・゜



posted by ブラーナ at 16:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 金継ぎ・修繕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月26日

大切にしたいアンティーク

b140926.jpg

実はわたくし、この夏より「金継ぎ」を習得すべく、とある工房へ通っております。
金継ぎとは、漆を使って器を修復する日本の技術です。
金や銀で仕上げることにより生まれる新たな景色をも愛でる、日本らしい美意識とともに伝えられています。

アンティーク屋なので、器の割れや欠けは避けられません。
チェコには、欠けには目をつぶってでも手に入れたいと思う可愛いものがたくさんあり、また気に入って買付けて気を使って送っても、残念なことに割れてしまうものもあります。

そんな器も何とかしたい!と、ずーっと考えており、一念発起したわけです。
塗っては削り、塗っては削り、地味〜なチマチマした作業を黙々と続け、間あいだで乾かす期間が必要なため、仕上がるのに時間がかかります。

はれて第一号が仕上がりました!!
自分で見ても笑ってしまうようなお粗末な出来ですが、チェコのお皿がよみがえりました\^o^/

チェコからの荷が届き、
自分で包んだ梱包をほどく時、ガサッという嫌な音と手触り・・・、深いため息が出てしまう瞬間です。

割れる率をだいぶ減りました。
それでも残念なことはあるものです。
お皿は、かなりリスクが高いです。
とくに、こんな風に少ーし縁が立ち上がったもの。
素敵なんですけど。。。
こちらは、もともと自分用にしてもいいと思っていたものなので、金継ぎの練習と使用感の実験として、使ってみます。

b140925.jpg
今年もアケビを頂きました♪
小さ目ですが甘かったです。

食べたあとの種をまきに行ったら、
去年埋めたところから、たくさんの小さな芽が出ていました♪

そんなにアケビばかりはいらないのですが、順調に育つとは限らないので、
とりあえず今年もうめてみました。
b140928.jpg最後に、
初!漆かぶれ

工房では大げさにガードしているのですが、やり残しを家で作業したら、やってしまいました。
磨くだけだからと油断したら、あらあらあら--;

記念すべき一日ということで。



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜〜・〜〜・〜・〜・〜

アンティーク関連のブログへは↓↓↓

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ 

“1クリックして頂くのみで、ランキングがUPします。”
ご支援を、よろしくお願い致しします゜・*:.。. .。.・゜



posted by ブラーナ at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 金継ぎ・修繕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。