2016年06月16日

チェコヴィンテージにみるお花の描き方

b160613.jpg

シモツケの花が咲きました。
この花は、小さな花が集まって咲きます。
よーく見ると、その小さな花がとても可愛いことに気づきます。

b160614.jpg雄しべが花びらをこえて、ピュンピュンと伸びています。

ん!?どこかで見たことあるゾ。




b160615.jpgチェコの絵付けに時々見られる、こんなお花。
やけに、しべが長いなぁと思っていました。
これはきっと、デザインとして、かなりオーバーに表現しているのだろうと。



b160616.jpgよく見ると言いつつ、探すと見つからないものです。
こちらは、こういい形ならあるかなという感じですが。

以外にも、忠実に描写されていたのですね。




b160617.gifお恥ずかしながら、チェコの絵付けをヒントに、以前こんなロゴもデザインしました。
お気づき頂けているでしょうか?チェコの国旗カラーも意識しています♪



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜〜・〜〜・〜・〜・〜

アンティーク関連のブログへは↓↓↓

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ 

“1クリックして頂くのみで、ランキングがUPします。”
ご支援を、よろしくお願い致しします゜・*:.。. .。.・゜



posted by ブラーナ at 17:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ボヘミア・アンティーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする